井上漢方薬局

季節の養生

■冬の養生

冬到来!この冬こそ「冷え」対策で快適な生活を! 

冬到来!12月に入って一気に気温が下がりましたね。「気温の急降下に体がついていかない」というお客様の声が日ましに増えてきています。この季節、特に多いのが「冷え」からくる不調に関するご相談です。
日本の冬は寒さが厳しく、乾燥しやすいのが特徴です。漢方では冬、体調を崩す原因となる「冷え」を「寒邪(かんじゃ)」といい、特に循環器系や膀胱、骨、腰などに影響を与えるとされています。冬、動悸や立ちくらみがしたり小便が近くなったり節々が痛いのは「寒邪」が体に侵入したためと考えます。 最近「冷えは万病の元」などとも言われるようですが、確かに冬の養生、この「冷え」対策に尽きるようです。冬の「冷え」対策は何より体を温めること。食事や入浴、もちろん服装などで体を冷やさない工夫をしましょう。また、東洋医学の古典「黄帝内経」(ユンケル黄帝液の黄帝は「黄帝内経」からきています)には冬の養生法として「この季節は早く寝て朝は日の出るのを待って起き」と睡眠を十分とるべきだと書かれています。一年で最も体調を崩しやすい季節、十分な休養をとることも重要なんですね。
師走です。ただでさえ仕事が忙しいこの時期に忘年会、クリスマスとイベント続き。 「冷え」対策と早めの漢方で最後のひと月を元気に走り切ってください!

冬の養生

Copyright(c) 2015 Inoue Kampo All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com